年賀状印刷におすすめ♫2019プリンター比較ランキング

年賀状印刷おすすめなプリンターランキング2019

私自身のことなんですが、昔と比べ、
最近めっきりプリンターを利用する機会が減りました。

たまにコピーをとる以外は、殆どの用途は年賀状印刷なんですね。

以前は良く使っていたので、家電量販店やホームセンターへ
インクを買いに行くことも何度かありましたが、
今は最初のインクカートリッジだけで間に合ってしまいます。

今回お届けするプリンターランキングも、
年賀状印刷に合ったという点で比較し、私同様、普段は余り使わない!
という解釈でランキング付けを行っています。

プリンターランキング2019

なので、一般的なプリンターの人気ランキングとは少し異なるかも知れません

それでも、もう10台以上プリンターを買い換えている経験上、
むちゃなランキング付けにはなっていないと思います。
私と同じようなニーズであれば、おすすめのプリンターです!

一応、2019年用のランキングとしていますが、
年賀状印刷の為に「年内買うなら!」というポイントで選んでいますので、
最新機種とは限りませんのでご了承ください。




 

2019年の年賀状印刷に最適なプリンターランキング

年賀状印刷をするのに適した納得・お買い得なプリンターを比較、
独断と偏見からおすすめランキングにしてみました。

これを見ないで購入してしまうと、ちょっと後悔するかも知れませんよ。
あなたの利用用途にピッタリなプリンターが必ず見つかります!

 

ランキング1位:キャノン PIXUS TS3130S

昨年9月に発売されたPIXUS TS3130S、現行モデル(9月時点)です。

普段殆どプリンターを使用する機会がないのであれば一番のオススメ。
前面給紙ができないことを除けば複合機としての基本性能は完全網羅。
A4普通紙の印刷機会が多い場合は前面給紙が基本ですが、
はがき印刷はメインなら後トレイだけでも何ら不便を感じません。

キャノン PIXUS TS3130S

年賀状をスマホだけで作成したい方ならダイレクト接続(ルーターなし)や
自動電源ONといったワイヤレス前提の利用環境は嬉しい機能です。

印刷機能の今どきの高性能プリンターと遜色なく、液晶モニターも搭載
コンパクトボディーなので置き場所にも不自由しません。
そんなPIXUSの現行機種が略5,000円でお求めになれるのは大きな魅力ですね^^

主な機能
最高解像度:4800×1200dpi
インク:4色ハイブリッド
435×316(㎜)コンパクトサイズ
1.5型TFT液晶モニター
高解像度CISスキャナー&自動変倍コピー
自動接続&ダイレクト印刷
スマートスピーカーに対応
PIXUSクラウド接続対応

ホワイト→楽天市場最安値店(税込・送料無料)
ブラック→アマゾン最安値店(税込・送料無料)

 

 

ランキング2位:ブラザー プリビオDCP-J577N

昨年9月に発売されたプリビオDCP-J577N、現行モデルはDCP-J582N。
多機能モデルとしてはかなりお値打ちなプリンターです。
普段使いも重視したいならこちらのプリンターが良いでしょう。

操作し易い液晶パネル、自動両面コピー、前面2段給紙
Wi-Fi接続スマホ印刷&ダイレクトプリント対応。
最新の複合機の機能は全て備わっているモデルと言って良いでしょう。

2位に甘んじているのは現行モデルではない点と
少し前なら8000円台で購入できたこと…しかし、9,000円でも十分安いです。

ブラザー プリビオDCP-J577N

5色6色のインクカートリッジタイプが多い中、
こちらの機種は4色(黒含む)でランニングコストも良いです。

スマホアプリ「Brother いつでもはがき・年賀状プリント」
手書き宛名シートを利用すれば手書き文字をハガキに自動配置して
プリントができます。

年賀状無料テンプレートが一般的になっている中、
宛名書きは手書きでしたいところですが、枚数があるとやはり大変な作業、
でも宛名シートなら手書き風のあて名書きが簡単に印刷できるんできるんです。

主な機能
最高解像度:4800×1200dpi
インク:4色ハイブリッド
自動両面プリント
前面2段給紙&手差しトレイ
2.7型TFT液晶モニター
ワンタッチ接続「WPS対応」
モバイル・クラウド接続対応

楽天市場最安値店(税込・送料無料)
アマゾン最安値店(税込・送料無料)




 

ランキング3位:エプソン カラリオ PX-049A

2016年発売にされた機種ですが未だに人気がり現行モデルのカラリオ。
人気の秘密は最大5760x1440dpiという印刷性能の複合機ながら、
5000円台後半から略5000円に値下げ傾向でお値打ち感は上がりました。

古いモデルをお使いの方であれば、インクカートリッジ代金と余り変わらないので、
買い替えにはもってこいの機種ではないでしょうか。

もちろんスマホ印刷にも対応しています。

ランキング2位:エプソン カラリオ PX-049A

ただ、こちらのモデルには欠点というか特徴がありまして…^^;
インクが、顔料インクの為、年賀はがきの写真用には不向きとされています。
ですが、これは必ずしも悪いことではなく、
普通紙(一般インクジェット紙)なら、染料インクよりキレイに印刷できます。

主な機能
最高解像度:5760×1440dpi
インク:4色顔料 独立インク
コピー&スキャン
無線LAM対応(スマホ印刷できます)

楽天最安値店:5,698円(税込・送料無料)

楽天市場安値店:5,066円(税込・送料無料)
アマゾン最安値店:5,760円(税込・送料無料)

 


ランキング4位以下をご紹介する前に、少し補足説明を挟みます^^;

実は今回のランク付け、エプソンのカラリオンシリーズを贔屓しています!
というのは、昨今ご自宅で年賀状印刷される多くの方は、
無料の年賀状テンプレートを良く活用されています。

ご存知と思いますが、
国内のプリンターメーカーは何れも年賀状テンプレートを無料提供しています。
しかしエプソンだけは、同じ無料でもカラリオンユーザーに限定した
提供になっているんです。

このランキングではその辺も考慮してカラリオンシリーズには、
少しアドバンテージを付けています^^;

では、気をとり直して、4位以下を発表します!




 

ランキング4位:キャノン PIXUS TS5130S

新たにPIXUSのライアップされたTSシリーズ。
染料インクと顔料インクの良いとこ取りしたハイブリッドインクが優れもの!
その中からランキング4位としたのはPIXUS TS5130S。

ハイスペックな印刷性能により写真などがキレイにプリントできます。
写真・イラスト・文字が混在する年賀状とハイブリッドインクはベストマッチ!
仕上がりに差がつくプリンターですね。

キャノン PIXUS TS5130S

2.5型液晶モニター、2WAY(前面&背面)給紙、自動両面印刷、
スマホからのダイレクト印刷を想定しWi-Fiルーターなしでもプリント可能。
クラウドデーターが簡単印刷できるのも便利です。

ただ…9000円台で購入できた時期を考えますと今の安値帯は、
少し割高感があります。性能的にはご紹介した中では一番なのですが…

主な機能
最高解像度:4800×1200dpi
インク:4色ハイブリッド
自動両面プリント
2.5型カラー液晶モニター
無線LAN・Wi-Fi接続対応
スマホダイレクト印刷

楽天市場最安値店(税込・送料別)
アマゾン最安値店(税込・送料無料)

 

 

ランキング5位:ブラザー プリビオ EP-811A

年賀状以外でもよく印刷をする、もっと綺麗な写真印刷したい。
できればレーベル印刷にも対応したプリンターが欲しい…こんな欲張りなニーズには、
エプソンのカラリオ EP-811Aがうってつけです。

ブラザー プリビオ EP-811A

ライトシアン、ライトマゼンタの2色が加えられた6色インクなら、
豊かな表現力、滑らかなグラデーションが可能です。
また、高速MACHヘッドによりL版印刷が13秒で高画質プリントできます。

印刷対象となる写真データは最適な状態に自動補正(オートフォトファイン!EX)
してくれるので、手間なく、失敗のなく印刷できます。

主な機能
プリント解像度:6000×1200dpi
インク:4色独立インク
給紙方法:前面2段/背面
自動両面印刷
無線LAN・Wi-Fi接続対応
コピー&スキャン
2.7型TFT液晶

楽天市場最安値店(税込・送料無料)
アマゾン最安値店(税込・送料無料)

 

 

ランキング6位:EPSON カラリオ ミー PF-71

PCと連携して印刷する機会がないのに、かさばるプリンターは欲しくない。
でもスマホで撮影した写真はプリントアウトしたい。
そんな現代風のプリンターユーザーにはこちらがオススメです。

先のJ572Nもこのクラスの複合機としてはコンパクトなのですが、
こちらのプリンターと比較しますとその差は歴然!
J572Nが400×341×151(mm)なのに対し、PF-71は249×176×85(mm)、
サイズ感としては1/3以下です。

ランキング5位:EPSON カラリオ ミー PF-71

専用アプリを使えばスマホからダイレクト印刷ができます。
勿論、Wi-Fi対応されていますので今どきのデジカメから直接印刷も可能。

インクカートリッジはカラリオン独自の高画質染料タイプなので、
インクジェット写真用の年賀状にもくっきりとキレイな印刷ができます。

値段は少々高めですが、昇華型熱転写方式の一般的なフォトプリンターと比べ、
印刷コストは安いので長く利用するならトータルコストは寧ろ安いです。

主な機能
プリント解像度:5760×1440dpi
インク:4色染料一体型インク
給紙方法:パネル部より
SDカード対応
無線LAN・Wi-Fi接続対応
ダイレクトプリント
2.7型TFT液晶

楽天市場最安値店:15,271円(税込・送料無料)
アマゾン最安値店:14,021円(税込・送料無料)
 

以上2019年のプリンター独自ランキングの発表でしたが、
ご参考になりましたでしょうか。

今回のランキング、補足説明で触れていますが、
各々が重視する点から、どれを1位にしても良いランク付けになっています。

単純に年賀状出来栄えトータルコストで選ぶなら「PIXUS TS3130S」
スマホで年賀状作成するなら、プリビオ DCP-J577Nが一番カンタン
エプソンの年賀状テンプレートを使いたいなら、カラリオですし、
スマホ中心に考えるなら「カラリオ ミー PF-71」もアリだと思います。

ですので、1位から6位まで順位をつけていますが、
実際にはあなたにベストなのは、利用方法・環境によって異なる訳です。

何れにしてもご紹介したものはどれも、コストパフォーマンスに優れいますので、
「失敗した!」ってことにはならないと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プリンター売筋ランキング

2020年の年賀状印刷に最適なプリンター特集
ページ上部へ戻る