おめでたい富士山のイラスト年賀状2018無料テンプレート

Sponsored Link

年賀状2018富士山イラスト無料テンプレート

年賀状、どんなテーマやイラストのものにしようかな~と悩む季節ですよね。

よく年賀状に使われるお正月らしいイラストモチーフといえば、
干支の動物をはじめ、門松、鏡餅、獅子舞…など色々ありますが
中でも、忘れてはならないのが、世界遺産登録もされた日本の象徴、富士山。

一富士 二鷹 三茄子

日本最高峰の霊山・富士山はそれ自体がパワースポットであり、
「一富士 二鷹 三茄子」にも出てくるとおり、
昔からお正月の初夢にみると大変縁起がいいといわれています。

まだ年賀状デザインやテーマを決めていない方。
2018年は、お正月関連最高の縁起物である富士山イラスト入りの
無料テンプレートを使ってみませんか?

という事で、富士山のイラストが描かれている、
無料の年賀状テンプレートを色々探してみましたよ。

 


Sponsored Link

 

富士山が描かれたオススメ年賀状無料テンプレート

水彩画・水墨画風の富士山が印象的な無料イラスト

フォーマル・カジュアル・写真フレームなどに分かれた各カテゴリで、
約200種類前後のテンプレートが配布されています。

プリンターを作っているCanonが提供しているだけあり、
どれも印刷映えしそうな華やかなイラストやデザインで、おしゃれなものが多いです。
戌(いぬ)と富士山の柔らかい雰囲気の水彩画風や、
版画調の富士山&鯛など、富士山が描かれたテンプレートも色々な種類があります。

白黒で描かれた水墨画のような富士山が、渋くてとてもかっこいいです。

水彩画・水墨画風の富士山が印象的な無料イラスト
テンプレートDL

白黒で描かれた水墨画のような富士山が、渋くてとてもかっこいいです。
テンプレートDL

 

 

 

繊細なイラストと鮮やかな色使いがゴージャスなテンプレート

年賀状素材のカテゴリは、華やか系・スタンダード・ナチュラルなど分かれていますが、
全体的に和風かつゴージャスな雰囲気のテンプレートが中心です。

犬と菊・牡丹などの花と富士山が共に描かれたものや、
青と紫を基調として描かれたリアルな犬と富士山の組合せなど、
千代紙や着物の柄のようなデザインと、精巧に描かれた上品で優雅なイラストが
とても素敵なテンプレートがあります。

繊細なイラストと鮮やかな色使いがゴージャス
テンプレートDL

精巧に描かれた上品で優雅なイラスト
テンプレートDL

 

 

 

フォーマルな富士山とポップでかわいい富士山

大人っぽい落ち着いたデザインとユニークでかわいいデザインを提供する
スタジオヨッシーの年賀状テンプレート。

富士山を背景にしたデザインは全部で6種類ありますが、
その中より、和風チックなものとボキャブラリーの利いたテンプレートを
それぞれご紹介しましょう。

空高く舞う朱鷺がと富士山が美しく描かれたデザインと
犬が温泉に入ったら「◯◯が出ちゃうでしょう。」と少々悪ノリしたイラスト。

迫力ある富士山と朱鷺のフォーマルデザイン
テンプレートDL

富士山を背に温泉を楽しむポップな犬
テンプレートDL

 

 

 

カラフルでおしゃれな富士山の無料イラスト

年賀状テンプレートをダウンロードするには無料会員登録が必要ですが、
3,000点もの豊富な年賀状素材は必見。

富士山をバックにしたテンプレートだけでも結構な数がありますよ。

2018年は戌年という事で富士山バックに佇む犬の表情が良く、
富士+犬の組み合わせは多くのサイトからも提供されています。

しかし、ここでは敢えて犬が描かれていないテンプレートをご紹介します。

富士山が初日の出が水墨画風に描かれた和風絵柄と
極端なシンプルさが逆にインパクトを与えるカジュアルなイラスト。

迎春、初日の出
テンプレートDL

シンプルな富士山
テンプレートDL

 

 

以上、
富士山のイラストが入った年賀状のテンプレートをいくつかご紹介させて頂きました。
参考にして頂ければ幸いです。

昔から日本のシンボルであり、縁起物であり、年賀状だけではなく、
日本画をはじめ絵画作品や工芸・写真・デザインなどあらゆる美術のモチーフとして
扱われてきた富士山ですが、2013年に世界遺産登録もされた事により、
日本人だけではなく、外国人観光客からも人気のモチーフとなりました。

ですから、年賀状を外国人の友人知人などにも送る予定の方にも、
この富士山のイラストや素材を強くおススメしますよ。

そんな国内外問わず人気の富士山の入ったテンプレートを使って、
ぜひ素敵な年賀状を作ってみてくださいね。

広告

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る