年賀状印刷におすすめ♫2018プリンター比較ランキング

Sponsored Link

年賀状印刷おすすめなプリンター比較とランキング

私自身のことなんですが、昔と比べ、
最近めっきりプリンターを利用する機会が減りました。

たまにコピーをとる以外は、殆どの用途は年賀状印刷なんですね。

以前は良く使っていたので、家電量販店やホームセンターへ
インクを買いに行くことも何度かありましたが、
今は最初のインクカートリッジだけで間に合ってしまいます。

今回お届けするプリンターランキングも、
年賀状印刷に合ったという点で比較し、私同様、普段は余り使わない!
という解釈でランキング付けを行っています。

なので、一般的なプリンターの人気ランキングとは少し異なるかも知れません

それでも、もう10台以上プリンターを買い換えている経験上、
むちゃなランキング付けにはなっていないと思います。
私と同じようなニーズであれば、おすすめのプリンターです!

一応、2018年用のランキングとしていますが、
年賀状印刷の為に「年内買うなら!」というポイントで選んでいますので、
最新機種とは限りませんのでご了承ください。

 


Sponsored Link

 

2018年の年賀状印刷に最適なプリンターランキング

年賀状印刷をするのに適した納得・お買い得なプリンターを比較、
独断と偏見からおすすめランキングにしてみました。

これを見ないで購入してしまうと、ちょっと後悔するかも知れませんよ。
あなたの利用用途にピッタリなプリンターが必ず見つかります!

 

ランキング1位:キャノン PIXUS MG3630

2015年に発売されたモデルですが、PIXUSシリーズの売れ筋商品で、
現在でも現行モデルとしてラインアップされる人気プリンターです。

人気の秘密は充実した機能と値頃感ですね。

これだけの機能を備えた複合機が5000円台で買えます。
ハードユーザーでなければ、一番おすすめなプリンターです。

ランキング3位:キャノン PIXUS MG3630

最安値 コジマ楽天市場店

主な機能

最高解像度:4800×1200dpi
インク:4色ハイブリッド
自動両面プリント
前面給紙
コピー&スキャン
無線LAN・Wi-Fi接続対応

この価格帯で自動両面プリントができるのはこの機種だけだと思います。

また大容量カートリッジの採用でL版写真印刷コストは18.6円/枚
標準タイプの比較し20%程下がっています。

ぶっちゃけお値打ちです^^

 

 

ランキング2位:エプソン カラリオ EP-709A

カラリオの現行モデルとしもっともオススメなのが、EP-709Aです。
年賀状印刷はもちろんのこと、普段使いのプリンターとしても十分な性能。
無線LAN・スマホ対応していますのでスマホユーザーも利用可能。

年賀状に写真を入れる(写真フレーム)ことが前提なら、
先のPIXUS MG3630よりこちらがオススメです。

ランキング2位:エプソン カラリオ EP-708A

楽天市場 Joshin web店

6色独立インク+Advanced-MSDTでインクサイズがをきめ細かく調整され、
特に肌の質感の表現力が格段にUPしています。
(イラストタイプの年賀状なら肉眼で見分けがつきません。)

主な機能

最高解像度:5760×1440dpi
インク:4色ハイブリッド
自動両面プリント
液晶モニター
前面給紙
コピー&スキャン
レーベル印刷可能(フロントローディング)
無線LAN・Wi-Fi接続対応

MG3630より4000円程高くなりますが基本性能がワンランク上で
更に機能も充実したモデルとなります。

 

 

ランキング3位:エプソン カラリオ PX-045A

カラリオの現行シリーズで最もバリューなプリンターが、
こちらのPX-045Aです。

価格帯的にはランキング1位のMG3630より更に安いです。
そして印刷の基本性能はこちらが上、但し機能は抑えられています。

ランキング1位:エプソン カラリオ PX-045A

アマゾン最安値店 送料・税込5,419円

主な機能

最高解像度:5760×1440dpi
インク:4色顔料 独立インク
コピー&スキャン

ただ、こちらのモデルには欠点というか特徴がありまして…^^;
Wi-Fi接続ができないのでスマホ非対応です。

また、顔料インクの為、年賀はがきのインクジェット写真用には
印刷することができません。

ですが、これは必ずしも悪いことではなく、
普通紙(一般インクジェット紙)なら、染料インクよりキレイに印刷できます。

 


ランキング4位以下をご紹介する前に、少し補足説明を挟みます^^;

実は今回のランク付け、エプソンのカラリオンシリーズを贔屓しています!

というのは、昨今ご自宅で年賀状印刷される多くの方は、
無料の年賀状テンプレートを良く活用されています。

ご存知と思いますが、
国内のプリンターメーカーは何れも年賀状テンプレートを無料提供しています。

しかしエプソンだけは、同じ無料でもカラリオンユーザーに限定した
提供になっているんです。

一部のテンプレートのみユーザー限定というのは他所でもありますが、
エプソンの場合は、全てのテンプレートがユーザー向けなのです。

そして、エプソンのカジュアル・写真フレームの年賀状テンプレートは、
かなり良いデザインになっていまして、それを目当てにカラリオンを選ぶ方も
少なくありません。

このランキングではその辺も考慮してカラリオンシリーズには、
少しアドバンテージを付けています^^;

では、気をとり直して、4位以下を発表します!

 


Sponsored Link

 

ランキング4位:ブラザー プリビオ DCP-J567N

ブラザーのプリンターは個人的には外観上好みではないのですが^^;
年賀状プリント限定という事であれば、このDCP-J567Nはお勧めです。

ここでは4位としていますが、
一部の方には、ランキング1位になる可能性があります。

その基準は、スマホだけで年賀状作成から印刷まで完結すること。
つまり、PCを所有しない方には、一番マッチングの良いプリンターです。

ランキング4位:ブラザー プリビオ DCP-J562N

さらに、これは今だけの特別な価格設定なのかも知れませんが、
なんと現在楽天ブックスから、5,222円(送料・税込)で販売されています。
楽天ブックス 送料・税込 5,222円

もしこの価格帯が続くようであれば、
先のスマホの話関係なしで、ランキング1位に上げたいですね^^

ただ、楽天ブックス以外のモールでは安くても7000円チョットしていますので、
価格が変わることを前提に4位にしています。

主な機能

プリント解像度:6000×1200dpi
インク:ハイブリッドインク4色
給紙方法:前面2段/背面
自動両面印刷
無線LAN・Wi-Fi接続対応
コピー&スキャン
2.7型TFT液晶

前面給紙(前面トレイ)が2段給紙になっていますので、
異なるサイズの用紙が利用できます。

ご覧の様に、性能・機能共ここでご紹介している他のプリンターと比較しても、
最高クラスのスペックと機能になっています。
5000円程度で買えるならイチオシです!

こうした改めてみてみると、
装備・スペック・価格3三拍子揃ったお得なモデルなんですね。
私自身、ちょっとブラザーのイメージが変わりました^^;

楽天ブックス 送料・税込 5,222円

 

 

 

ランキング5位:キャノン PIXUS iP2700

ランキング5位:キャノン PIXUS iP2700

単純に安いコストで年賀状印刷をしたいのであれば、
一流モデルでこれより安いプリンターはないと思います。

なんと、3000円を切る2000円台で購入できます。

昨今、プリンターカートリッジだけでも、4000円5000円するのに
それより安いとはチョットびっくりですよね。

但し、利用方法としては、最初のインクカートリッジを使い切ったら終わり。
使い捨て感覚になるかと思います。

これは耐用年数が悪いといことではなく、
カートリッジをしようと思うと、4000円位するからです^^;

プリンター性能としては、解像度の4800x1200dp「4色ハイブリッド」で
写真も文字もキレイに印刷できます。

しかし、その他にはコンパクトという位しか特長がありません。
長くご利用するには不便ですし、印刷コストも高くなってしまいます。

ですので、来年には買い換えるという感じになりますね。
といっても、3000円弱ですから^^

楽天市場の最安値店はこちら

 

 

以上2018年のプリンター独自ランキングの発表でしたが、
ご参考になりましたでしょうか。

今回のランキング、補足説明で触れていますが、
各々が重視する点から、どれを1位にしても良いランク付けになっています。

単純に年賀状印刷のトータルコストで選ぶなら、PIXUS iP2700
スマホで年賀状作成するなら、プリビオ DCP-J562Nが一番カンタン
エプソンの年賀状テンプレートを使いたいなら、カラリオですし、
価格と機能を相対的に比べるなら、PIXUS MG3630がお買い得なんですね。

ですので、1位から5位まで順位をつけていますが、
実際にはあなたにベストなのは、利用方法・環境によって異なる訳です。

何れにしてもここでご紹介したものは、コストパフォーマンスに優れいますので、
「失敗した!」ってことにはならないと思います。

広告

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る